2017/12/19 13:36

江戸時代より日本人に愛されてきた伝統品の「手ぬぐい」。

近年、この手ぬぐいの良さが見直され様々な用途で使われています。

 

中でも手ぬぐいを使って行う「手ぬぐい洗顔」は、

古い角質を優しく落とし、肌をすべすべに洗い上げ、

手軽に美肌を目指せると話題になっています。

今回はそんな手ぬぐい洗顔についてご紹介します。

 

1、手ぬぐいを選ぶ

洗顔に使う手ぬぐいは、蛍光剤などが使われていない素材を選びましょう。

染料の問題から白地ベースの手ぬぐいが洗顔には良いとされています。

 

手ぬぐいは洗顔に使う前に、2回ほど水洗いして、陰干ししておきます。

菌の繁殖を避けるため、端は切りっぱなしのままにしておきましょう。

 

2、手ぬぐい洗顔法

①メイクを落とした後、手ぬぐいを濡らし、石鹸や洗顔料をつけてよく泡立てます。

 

②顔をぬるま湯で濡らし、手ぬぐいを手に巻いて、

肌の上で円を描くように優しく手ぬぐいを動かし、顔全体を洗います。

目の周りや小鼻など、細かい部分は手ぬぐいを指に巻いて洗いましょう。

※このとき、強くこすり過ぎないようにしましょう。

 

③ぬるま湯で、しっかりと流します。 

 

 

◆ひじ・膝の黒ずみにも!

ひじや膝の黒ずみの原因は、溜まった古い角質が原因です。

気になる部分を手ぬぐいでクルクルとマッサージ。

続けることで、古くなった角質を取り除くことができます。

 

 

ピーリングやスクラブなどは刺激が強いため、

ほとんどが週に1回もしくは2回までと言われていますが、

手ぬぐいは綿の細やかな繊維が毛穴の汚れや余分な角質を優しく落とすので、

敏感肌の方でも、毎日安心して使えます♪

角質を取り除くことで、驚くほど肌がツルツルに!

 

また手ぬぐいは乾きが早く、雑菌が溜まりにくいため

他のタオルより清潔で、丈夫に長く使うことができます。

 

 

当ショップでは、洗顔料とセットになった

「和手ぬぐい洗顔セット」もおすすめです♪

 

野の花のやわらかなデザインを入れ、

日本らしさを加えた肌触りの良い手ぬぐいをお楽しみください。